男女

電子カルテを活用することで業務を円滑にこなせる

飲食店を開業する時の準備

店舗

運転資金の確保と立地条件

店舗開業するまでに準備しておくことがあります。特にお客相手の飲食店を開業する時には、お店のコンセプトをまず決めておくことが大事です。コンセプトとは、なぜその店を開業するのかという基本的な動機です。例えばカフェの店舗開業では、お客さんに美味しいコーヒーを飲ませたいというコンセプトを立てます。その場合、コーヒー専門店にふさわしい内装やメニューにする必要があります。コンセプトが決まったら、次は店舗開業にかかる資金を用意します。物件を借りる場合は賃貸料、内装の工事費、厨房設備費、運転資金などが必要になります。もし不足分があれば、銀行などの融資を受けるための準備をします。融資の申し込みには事業計画書などの提出が必要です。借入先は銀行の他に国の公庫を利用するという方法もあります。銀行より金利が低いので有利です。ただし店舗開業の資金は最低でも3分の1は自己資金を準備しておきます。店舗開業が成功するかどうかは立地条件が大きく左右します。開業資金の範囲内で最も条件の良い店舗物件を探すことになります。最も成功する確率が高いのは人通りの賑やかな路面店です。ただし家賃が高いので、その場合は雑居ビルの2階や3階の物件を選ぶことになります。また良い物件を見つけた場合でも、事前に客の流れや近所の繁盛店などのリサーチをする必要があります。競合店がある場合は、差別化するためのメニュー作りや内装をします。店舗開業までにはこのような準備と流れがあります。