男女

電子カルテを活用することで業務を円滑にこなせる

経営状況を即時に把握

レジ

大きく進化している

従来のレジでは手作業で金額を入力していたため、販売店では金額に関するクレーム少なくありませんでした。また、会計時の入力作業はもちろんのこと、一日のレジ締めの作業にも手間がかかってしまうため、効率が悪いとの指摘も多数ありました。こうした問題点を解決したのが、POSレジです。POSとはPoint of Salesを略したもので、商品が販売された時点で即時に売上データを更新し、それをチェックすることができるシステムです。例えば、Aという商品が購入され会計が済むと、その時点でAの商品がいくつ売れたのかをすぐに確認できるという具合です。また、POSでは詳細な売上情報に関してもチェックすることができますから、どの時間帯にどの商品がいくつ売れたという情報を知ることができます。さらにPOSが素晴らしいところは、仕入れや在庫の管理、勤怠管理まで可能なシステムが増えている点です。これを活用することで、在庫不足を回避することが可能になります。また、原価や人件費を計算するため、損益はどうなっているのかも一発で把握でき、経営者の方が状況を把握するのに大変便利と言えます。このように、POSは従業員のミスをなくすことだけが目的ではなく、経営面でも大きなメリットがあるツールなのです。さて、最近では低価格でPOSシステムを導入することも可能になっています。例えば、現在使っているパソコンを使用しながら使えるシステムを導入すれば、大幅なコストダウンが可能です。また、リースを活用すれば初期費用がかからず、月額数千円程度で利用できます。飲食店や小売店、サービス業を経営している方は、ぜひ、導入を検討してみてください。