婦人

電子カルテを活用することで業務を円滑にこなせる

整体師

整骨院の開業に必要なこと

整骨院を開く際には、柔道整復師会などの業界団体を利用すると良いでしょう。整骨院は保険診療なので請求手続きなどが面倒で、診療報酬の回収に時間がかかります。柔道整復師会に入会すればそれらを代行してくれ、回収も早くなります。入会する時は会費などを比較して選びますが、高い所ほどサポートが充実しています。

レジ

経営状況を即時に把握

レジの入力ミスを減らすだけでなく、POSには経営面でも多様なメリットがあります。例えば、売上状況を即時に細かく把握できるため、どの時間帯にどの商品がいくつ売れたのかを知ることができます。また、最近のPOSは在庫や勤怠まで管理できるものが増えており、損益状況まで即時に把握することが可能になっています。

店舗

飲食店を開業する時の準備

店舗開業するには店のコンセプトを決める必要があります。それによって店の内装やメニューが変わってきます。最も重要なのは開業資金です。店舗物件を借りるための費用、内装工事費、運転資金などが必要ですが、最低でも3分の1は自己資金を用意します。成功を左右するのは立地条件です。人通りの多い路面店が最適です。

大病院では一般的に使用

PC

検索性向上とミス防止

カルテには、患者単位で病状や治療方法、そして投与された薬などが記載されます。基本的に病院単位で保管されるため、他の病院との情報共有は行われません。大病院になれば、外来に来る患者も含めてすべての患者に対してカルテが発行されます。そしてそのカルテは一定期間保管されることになります。再来した場合、そのカルテをもとに次の治療を行う事が一般的になります。病院で発行する診察カードなどはカルテの情報と連動していることが多く、検索性などにも優れますが、膨大な量のカルテの中から探すのは大変な作業になります。これを効率化したのが電子カルテです。電子カルテは、タブレット画面にカルテ情報を表示させることが可能になります。最近の病院では、医師がタブレット端末を持ち歩いていることが多くなっています。これは電子カルテを利用しています。更に患者の情報はバーコード管理されています。そのため、患者のリストバンドのバーコードを読み取ることですぐに情報を検索することが可能になります。電子カルテは薬の投与状況にも反映されます。手打ちではなく、投与した薬のバーコードを読み取るだけでインプットすることができます。そのため、間違った薬を投与しようとするとエラーが出るなどのミス防止にも役立ちます。保管場所の問題だけでなく検索性にも優れ、またミス防止にも寄与するメリットを持っています。レントゲン情報なども同時に保存しておくことができるため、利便性が格段に向上することができます。